インターサンプルピーク/トゥルーピークの復習をして、Ceiling設定について考える

マスタリングとかの話題になる時に目にするISP(インターサンプルピーク)/トゥルーピーク。 「DA変換の際のリサンプリングでクリップする」的な感じでさらっと説明される事が多いですが、皆さん実際にどういう理屈で問題が発生するかご存知でしょうか? 別にISP/トゥルーピーク自体は目新しい事柄では無く認知されつつあるのですが、実はちゃんと理解してなかったな〜っと何となく思ったので復習してみました。のでそのレポっす。 ワタクシ物分かりが悪い方なので結構簡単な内容に咀嚼していると思います笑  ついでにセルフマスタリングにおけるCeiling設定の考察も書いときますので、理屈はいいからって人はそこだけでもチェックしてもらえればッ しかし軽い気持ちで書き始めたら、やたらと長くなってしまったなー 目次 1.前提知識としてデジタル音声信号の超基本をおさらい 2.ISP/トゥルーピークとは 3.どんな時にISP/トゥルーピークが問題になり得るのか? 4.DACによるリサンプリング 5.実際のISP/トゥルーピークはメーターでは分からない 6.マキシマイザーはISPが問題になりやすい 7.トゥルーピーク/ISPの対処方法 8.MP3等の圧縮音源とISP 9.Windowsの内部リミッターの話 10.おまけ:Ceiling設定について考える 11.おまけのおまけ:リスナーサイドでの対処法 前提知識としてデジタル音声信号の超基本をおさらい まず初めに前提知識として音声信号がデジタル上でどのように記録されるのかをザックリ振り返ってみます。ここでは現在まで広く普及していて音楽制作でも基本のPCM方式(wzvとかaifとか)についてです。 ここはISP/トゥルーピークを知るためには必須なので一応書かなければならんのです。 音声信号はアナログの世界では気圧とか電圧の連続的な変化で表現されますが、サンプリング(標本化)と量子化によりデジタル変換されると連続的ではない離散的と表現されるデータになります。 離散的…と言われてもピンと来ない(私は来なかった笑)と思うので、絵にすると連続的な線で表しているアナログデータから連続的でない点のようになるイメージですかね。 ※横軸は時間、縦軸は圧力(音量) デジタルの方の「点」は1秒間にサンプリングレートの数値分等間隔に「サンプリング」されていて、それぞれの点は「サンプル」と呼ばれます。そして、そのサンプリングレートを2で割った値の周波数までがアナログ信号に完全復元出来ます。 例えばCDのサンプリングレート44100Hzという場合は1秒間に44100回サンプリングされて、22050Hz(44100/2)までが理論上は完全に再現可能。ちなみにここでの再現可能な周波数のことをナイキスト周波数と言います。 ででで、等間隔にサンプリングされたサンプルには量子化によって固有の数値(基本整数)が与えられます。 例えばCD等に代表される16bitの場合は2の16乗=65536までの数値が得られるので、これを音声のプラスとマイナスに動く特性に当てはめるべく(+)32768〜(-)32768の範囲の数値を各サンプルに与えることになります。 ここで、与えられた範囲の最大値(+-32768)を超えるデータは切り捨てられ、切り捨てられた状態のデータをアナログ音声に変換するとハードクリップという歪みになります。 いわゆる「0dBFSを超えると音が割れる」というやつですね DAW内部のミキサーやプラグインエフェクト内部などで使用されている「浮動小数点」という方式では、またちょっと話が変わってきますが、今回はISPの話なので割愛します。詳しくは以下のページを参照されたし。 ビット・レートとバス幅...
2018年3月9日0 DownloadsDownload